辞書
ロードバイクで行こう !!十国峠とぶどう峠を一気にやっつけろ!!

スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十国峠とぶどう峠を一気にやっつけろ!!

2010–05–02 (Sun) 23:08
GWイベント その1
十国峠とぶどう峠を一気にやっつけろ!! に行ってきた。

十国峠>ぶどう峠



企画にお付き合いいただいたというか、首謀者のkaoさん。
楽しんできました(^_^)

走   行  ;  168.58 km (Cento1)
5月累計   ;  212.62 Km
年間累計  ; 3,437.15 Km


自走では夜になっちゃうので、楽しく温泉つきのデポ。


7:55 群馬県神川を道の駅 「道のオアシス神泉」起点に、出発です(^_^)/

デポ地 道のオアシス神泉


早速、神流湖のダムまでアップ前に登りで、キツイです(汗)
まだまだ始まったばかりの登りも、ダムまで来れば下り基調のアップダウン。

まだひっそりとした朝の神流湖。

静かな朝の神流湖


新緑がシーグリーンの川面に
こちらはライトシーグリーン?

8:45 神流川上空に約800匹の鯉のぼり

鯉のぼり祭り@神流町


ちょっと遠めにみても圧巻ですねっ

鯉のぼり祭りの元祖?

まだ、朝の清清しい空気にひっそり 鯉のぼり。
神流川の水面が銀色に光ってますね

清清しい空に


9:30 道の駅 上野到着 トイレ休憩

向かいの十国蕎麦はパス・・・ってかまだ開店前

十国蕎麦はパス@道の駅上野


9:48 十国、ぶどう峠への分岐到着

ここに来ると、いつも来たなぁって思います。
だって、ここからなんですもんね、登りが(^_^;)

久しぶり、十国・ぶどうの分岐

今回は真っ直ぐのルートで、R299を通って十国峠を目指します。
予定では、そのまま長野側へ降りて、小海の町でランチして、ぶどう峠を登り返して、ここに戻ってきます。


R299を少し進むと、林道のような寂しい国道に。
ほんと、これで国道なのでしょうかというほど。


ですが、この区間(数年まえに大崩落でしばらく通行止めになり新しいルートになった所)は、回り込まずにドカーンと突き抜けているので、見た目の雄大さにごまかされそうですが、
いえいえ、身体は正直でしっかりとこの勾配が堪えるんですわ(汗)

萎えるんですよねぇw@R299

オマケに先のほうが良く見えて萎えちゃいます


でも、この区間を越えると坦々としたペースで落ち着いて登れます。
相変わらず左前方には、あそこでピークかな(矢弓沢線の分岐の途中ですが)?
と思わせぶりで、なかなか分岐までつかないのですが・・・

いいかげんいというところでやっと分岐
ここから実はさらに登りがまだ残っています・・・(大汗)


ちょっと判りにくい写真ですが、横切る送電線はすぐ上を通過し、送電線の先を見ると、眼下にロープがたるんでいるように見えるんですよ。
上がったなぁって感じ(^_^)

送電線を眼下に見る


一旦下って登り返すと、

10:55 やっと十国峠到着です。

やっと到着十国峠


東京から2泊で新潟まで行かれる大集団で大賑わいでした。
すごいですねぇ

2010年の十国峠

今年もまた十国峠へ来ました。(自走ではありませんが)


そして、今回は初めての長野側へのダウンヒル。
下り始めは路面も良くなく、勾配もキツイ。

しばらくすると、豪快な直線を下っていきます。
決してこちら側がらは登りたくないと思うほどの距離、勾配でしたね。

長野側の下りは豪快@R299

ここまで十国街道だったR299を、長野側は武州街道と名を変えたR299を下ります。

11:30 30分ほど下り、長野側の最低標高地点、海瀬へ到着し、1本入った県道2号を八ヶ岳方面へ向かいます。

小海線脇の信濃路をのんびりって感じです。

信濃路・千曲川


ほどなくして小海町へ。
本日ランチ予定の「光明軒」さんへ。

光明軒@小海町

事前にチェックしていた「名代カツ丼」をオーダー

ん? ソースが、ソースでした。

名代カツ丼@光明軒

塩分消費した身体には良かったのか なぁ 


なので、今度は糖分補給(爆)

こちらも事前調査していたパイ専門店。
おいしそうないちごのサンドパイ(1ピース430円)です(^_^)

おいしそうなパイ@敷島屋(小海町)

他にも手間のかかるパイをリーズナブルな価格でのご提供です(^_^)v

しかし、さっきのカツ丼で苦しいので、さっぱりな感じの「フルーツサンドパイ」(157円)を頂き、その場でペロッとごちそうさま(^_^)


お店は敷島屋さんといいます。小海駅の東側、ひのみやぐらのすぐ近くです。

敷島屋@小海町

13:15 補給も完了したところで、ささっと、今度はぶどう峠へ向けて小海町を後にします。


北相木を抜ける県道124でゆったり登り始めます。

バックには冠雪の八ヶ岳。
天気も雲が張り出し、少し寒くなってきたけど、のぼりなのでさして気にせず。

冠雪の八ヶ岳@北相木村

14:00 約20kmほどのぼり、右手に調整池を見て長者の森という案内を目にしたあと、道が狭くなり、本格的なのぼりに。

笹が多くなり、ガードレールも積み重なって・・・(汗)

ぶどう峠も近い@K124上野小海線

一度、車で通過したことがありおおよそ判っていましたが、ここからぶどう峠までは長く感じました。
あとで見たら4kmほど、25分かかってました。

ぶどう峠

14:26 ぶどう峠到着。

標高1502m、累積標高2229良m、く登りましたね。(小海からは標高差700mくらいですが)

標高1502m@ぶどう峠

ちょっとドンヨリしてしまい、寒くなってきました、ぶどう峠。
長野県側からは初制覇でしたが、まぁまぁの勾配で登りやすかったのではないでしょうか?

2010年 ぶどう峠(長野側制覇)


あとは、下るのみ。
ウィンドブレーカー羽織って下りましたが、寒いのと豪快なのとで、結構疲れ・・・写真を撮るのも忘れ(~_~;)

ここからは1枚も写真ありません、ガンガン下ったつもり(当社比)
というのも、ぶどうの下りの途中から雨にポツポツ追いかけられ始めたのでした。


往路をトレースして道の駅まで・・・

下まで来ると雨の心配は無く・・・

要所要所で休憩入れながら、神流湖を登りで追い込みつつ、いつもの饅頭屋さん「長井屋」さんでマッタリして

16:55 無事到着。獲得標高は2,995mだったかな?

kaoさんのメーターはなかなか楽しい遊び心がありますね。


一度ぐるっとしてみたかった、上野村>十国峠>小海町>ぶどう峠>上野村 にお付き合い頂き、kaoさんありがとうございました。


















光明軒にて「名代カツ丼」オーダー
スポンサーサイト

« うどんがっ | HOME |  緑葉 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

 | HOME | 

プロフィール

yocchisan

Author:yocchisan
よっちのブログへようこそ!

FC2カウンター

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

お仲間

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。