辞書
ロードバイクで行こう !!いっぱいイッパイ

スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いっぱいイッパイ

2010–01–17 (Sun) 23:54
いやぁ、暖かい朝ですねぇ(^^)
な?んて言えるのはいつになるんでしょうか…氷点下で寒さ真っ盛りデス(^_^;)

ここはシカゴ(四華郷)@熊谷市大麻生

そんな寒い朝でも元気なお二人、kumaさん、kaoさんといっぱいイッパイなサイクリングへ

走   行  ;  125.06km (Cento1)
1月累計   ;  683.42 Km
年間累計  ;  683.42 Km

お店のイメージ写真は、トップのでイイ感じですよね(^_^;)
さてさて、イッパイなのは…

今日のコースは北風を避けて大回り120kmくらいのLSD予定。
こんな感じでした。


新上江橋>坂戸>越生>温泉スタンド>松郷峠>大沢峠>男衾>大麻生(四華郷)>東松山>吉見>樋詰橋

新上江橋から荒川CRに入ると、意外に向かい風。
昨日重たかった脚はさらに重たくて、シンドイのよ。ってことで樋詰橋右岸でCR離脱。
北風を斜めに受けて坂戸方面へ。

今日の目的は熊谷の拉麺再訪。
ぐるっと回って味噌拉麺へ行こう!!
なのである。

寒かったけど毛呂山あたりでお日様のおかげで暖かくなってきた。
相変わらずのへろへろぶりなおかげで心拍が上がらず、具合よくLSD(爆)

松郷峠は何とかお二人についていく(つか、合わせてもらう)

松郷峠下りでは、いつもの滲み出しを気をつけたものの…
凍結! それも滲み出しの重なりで厚みが増していて…
頼むから滑らないで???っと、無事通過。
かなり焦りましたわ

きーじぇいさんの嫌いな大内沢峠越え。

お二人からすっかり遅れて通過。

昨日走ったルートを通ったりして男衾に抜け、重忠橋にて荒川をパスしてR140旧道へ。

熊谷のシカゴ

大麻生駅近くの… ラーメン・餃子の店『四華郷』へ再訪。

先日は写真忘れたので今回アップ。

四華郷 店舗構え@熊谷市大麻生

至って良くありがちなラーメン店です。
ちょっと雑然としてますが…味があるということで(^_^;)
トップの写真は店内の極一部ですが、メニューだらけ。
地獄の五丁目なんてメニューもあります(笑)

しぶいランチメニューがありますが、今回は味噌拉麺と餃子のセット(950円(お得ではありません))
このお店の基本のようです。

ランチメニュー@四華郷(熊谷市大麻生)

さてさて、カウンターで見ていると手際よく大きな丼に次々と拉麺(このお店のメニューでは漢字なので)が作られてゆくが、時折とんでもない丼の大盛りが! あれはかなりヤバイ。

そして、普通盛りの味噌拉麺 (すり鉢の中の、擂る部分が普通の丼くらいですよん)

四華郷(しかご)の味噌拉麺@熊谷市大麻生

うっ、量が多い(汗)
麺がすっかり丼の底で固まっていますが、マゼマゼすると結構な量。
さすが店舗1番人気の味噌拉麺なだけに、ウマイ。
ちょっと辛い味噌味が癖になりそうです。
でもスープはガマンしました。

拉麺をちょっと食べたところで焼き餃子登場。

あらぁwww でかい(笑) 6個もあるよ(爆)

焼き餃子@四華郷(熊谷市大麻生)

さっぱりしているけど美味しい餃子です。

すっかり胃袋いっぱいイッパイで餃子はkumaさんに手伝って貰いましたが、時すでに遅し。
でも美味しかったです。
kaoさんは半キムチ炒飯セットなど、興味がまだまだあるようで(笑)


前傾姿勢が苦しくて、妙に背筋が伸びての乗車(笑)

脚もいっぱいでしたが、お腹もイッパイで燃焼モードも帳消しでしたかね(>_<)
またまた、やらかしちゃいました(^^ゞ

帰路はK47で東松山へ出て、K27>K33と繋いで久しぶりの吉見の桜堤から荒川CRへイン。
北風に乗って帰宅。

スポンサーサイト

« 思わぬランチに | HOME |  これでいいかも »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

 | HOME | 

プロフィール

yocchisan

Author:yocchisan
よっちのブログへようこそ!

FC2カウンター

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

お仲間

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。